「TopSeller」になれたネタあかし。

こんにちは、ヨツモトです。

なぜ僕が「TopSeller」になれたか?

せっかくなんで、一度考えてみてください。
なんでヨツモトが「TopSeller」と呼ばれるようになったか?

シンキングターイム!!

さて、あなたの答えはでましたか?

ではでは、答えですが、、、それは、、、

「TopSeller」というカテゴリーを作り、自分で名乗ったから。です。

え?なにそれ?バカにしてるんか!!!
なんて、ツッコミが聞こえてきそうですが大真面目なんですよ。

ちょっと説明しましょう。

「TopSeller」という言葉を作ったのは僕では無いですが「TopSeller=圧倒的に売る販売員/販売員の最高峰」
みたいな位置付けの言葉として使い始めたのは僕です。

それまで世の中で「売る販売員」の同義語として使われていたのが「カリスマ販売員」「トップ販売員」
「No1スタッフ」などの言葉だったのですが、どうもしっくりこない。

それにこれらの言葉は既に使い古されていて名乗っている人達も大勢いて、「めっちゃ売る販売員ポジション」
は既に「レッドオーシャン」になっていたんです。

そこに後発として乗り込むにはいくら実績=コンテンツ力があっても埋もれてしまう。
だったら「今あるポジションよりもさらに高レベルなポジション」を作ってしまえ!てなわけですね。

実は「TopSeller.Style」も最初は他の名前の候補が上がっていたんですよ。
もっと、オシャレでスタイリッシュな名前の候補が。笑

でも、直感的に理解してもらえて「1番」ってのがすぐにわかる言葉として認識してもらいやすいのは
「TopSellerだ!」で押し切ったんですよ。

結果的に誰がみても「一番売る人達の集まり」と認識してもらい、この人達に任せれば売れる。
そんなポジションとして確立できましたね。

ある意味これも「売れる仕組み」です。
そう、自分のスキルを一番高く買ってもらえる仕組み作りですね。

あなたはどうですか?

今のあなたの看板には何て書いてありますか?
たとえ同じ商品でも商品名を少し変えるだけで売れ行きは大きく変わるのと同じですよね。

商品力=スキルを磨くのも大事ですけど、「どうやったら売れるか?」を考えるのも同じぐらい大事です。

僕もあの時に「TopSeller」という言葉を使わずに「トップ販売員」と名乗っていたら、こうしてあなたとも
会えてなかったかもしれないですね。

僕が「TopSeller」になれたのは、自分で「TopSeller」というポジションを作ったからです。

さて、あなたは誰になりますか?