独自サイトで集客出来れば安泰?

 

「Wordpressを持てば絶対集客できます!」と謳っているWeb集客コンサルタントがたまにいます。

最近はFacebook広告でこの手のものをよく目にするんですが、胡散臭いことこの上ないですよね 笑。

このセールスの仕方ってすごく危ういなと思うのですが、Web集客に絶対なんてありません。

わたしが仕事で携わっているサイトを例にとると(Wordpressではないです)

海外旅行を扱ったサイトを運営してるんですが、コンテンツを増やして、SEOを強化していくらサイト運営を頑張ってみても、サイトの売上は外部の要因に大きく左右されます。

扱っているのが「海外旅行」関連の商品なので少々特殊ですが為替の影響はもちろんのこと、災害や社会情勢、テロの影響でキャンセルが相次ぐこともあります。

ひと昔前のニュースだと、てるみくらぶの一件。

てるみくらぶで予約をしていたお客さんが旅行に行けなくなってしまい、うちのサイトでの予約も
キャンセルになるということがありました。

また、キュレーションサイトの問題も少し前に話題になりましたが、日本のキュレーションサイトを対象に行ったGoogle検索エンジンのアップデートにより、

コンテンツの質と量では他社に負けない
うちのサイトは検索エンジンに評価され
アクセス数、売上が伸びたこともありました。

このように、

独自サイトで集客できる仕組みを作っておいても何らかの外部要因によって売上が落ちることはあるし競合サイトとの相対評価でアクセス数が伸び、売上があがることだってあります。
その逆もしかり。

つまり、
自分ではコントロール出来ない力が働くことはままあるんですね。

そのリスクを前提に、ブログやホームページを運営していくことが大事です。

特にSEOについては他サイトとの相対評価になるので自分のサイトでSEOを強化したとしてもそれ以上に評価されるサイトがあれば上位表示は難しくなります。

WordPressは無料ブログに比べて検索に強いという利点はありますがある日突然、検索からのアクセスが落ちても売上ゼロになってしまわないように、

FBやインスタ、Twitterなど集客の入口を複数用意したり見込み客リストを獲得しておいたり出来る対策はすべてしておきましょう。

競合分析も大切ですね。

それからアメブロを使っている人は、更にリスクを抱えていることを忘れないようにしてください。

Ameba利用規約には「商用利用はNG」と書いてあるので削除されても文句は言えないですし規約や仕様が変わって影響を受ける可能性だってあります。

無料で使っている分のリスクはあるよ、ということですね。

最近のキュレーションサイト、てるみくらぶの事件で、わたしも改めて、リスクヘッジ、リスク分散の重要性を
身をもって感じています。

今日はWeb集客全般の話になりましたが大切なことなので覚えておいてくださいね。