色とフォントを侮るなかれ!!

こんにちは。

PLAYにようこそ!

今日は、コンセプトに基づいたデザインについて触れていきたいと思います。

webデザインでも重要な役割を果たす色について

「色」は視覚情報の80%以上を占めると言われるほど重要な要素です。

ブログ全体のイメージはテーマカラーによって決まるので、コンセプトに合った色を選ぶようにしてください。

また、ターゲットに好まれる色を意識することも大切です。
例えば男性は青系の色、女性は赤系の色を好むとされています。
性別だけでなく年代によっても好む色は異なりますね。

年齢が若いほどビビットで鮮やかな色を、年齢が上がるにつれて彩度を落とした落ち着いた色を好むようになります。

あまり色を使いすぎるとごちゃごちゃしてして読者が混乱する原因になるので
ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーの3色、
多くても4色以内にまとめてあげるとすっきりします。

WEBデザインではフォントも大事です

フォントには明朝体、ゴシック体、手書き文字などがありますがそれぞれ与える印象が異なります。

明朝体は女性向け、伝統的で繊細、フォーマルな印象を与えます。
ゴシック体は男性向け、近代的で堅実、カジュアルな印象を与えます。
手書き文字は親しみやすさや可愛らしさを演出したいときに有効です。

もう一つ、デザインにおいて気を付けたいのが余白です。

余白が多いほど、余裕のある印象、高級感を表現できます。
反対に余白が少ないと、賑やかな印象になります。

お店のレイアウトもそうですよね?
高級店程、ゆったりとした空間になっています。
ドン・キホーテのように、商品が所せましと陳列されていると賑やかな空間になります。

それから、Webならではのユーザーの目線の動きに配慮することも大切です。

ページを開いたときに、まず目が行くのは左上。
そして左→右へと視線は流れていきます。
なので、タイトルor画像、
一番見て欲しいものは左上に配置しましょう。

いかがでしたか?
デザインを完成させる要素はいくつもありますが、
一つひとつがコンセプトに合ったものであるかどうか
考えながら進めるようにしてください。

 

このPLAYのHPで使われているようなデザインを気に入って下さってるなら↓

お問合せ