それでもまだ「何を売るか」ばっか考えるの?

こんにちは、ヨツモトです。

最近では販売に立つ仕事よりも、コンサルティング業やアドバイス業の時間が多くなってきています。

先日も、とある百貨店管理職の方から「売り場のMDのアドバイザーお願いできませんか?」
とお願いされたんですが「嫌です」と断っておきました。

理由は2つあって1つ目は「政治が絡むから」
政治といってもニュースで見る政治家の話じゃなくて、今までの取引先との兼ね合いや、上司の意向。
などなど。
簡単に言えば「利権」が必ず絡むので。

「政治ありきで考えてMD組む」事もできるんですが、もう1つあったので断りました。

もう1つは「売る物ばっか考えてる」からです。
MD編集の話なんで、そりゃ売る物の話が中心になって当然なんですが「誰が書うのか?」
「誰に買ってもらいたいのか?」が全くでてこない。

つまり「お客さん」の話がまったくでてこないんですよ。
百貨店のMDですよ?
すでにお客さん居るのにですよ。

一体何のためのハウスカードまで作って顧客情報とってるねん。って感じですよね。

何を新しく売るか?を考えたいなら、最初に誰に売るのか?を考えてスタートしないと必ず失敗します。

そんな事もできないのかー。って思われるかもしれませんが、ずっと物販やってると知らぬ間に、こういう思考になってる人多いんですよ。

で、この思考になってしまうと言われた時は「ああ、そうですよね」ってなるんですが、すぐにまた「何が売れるだろう」に戻ってしまいます。
百貨店などの大きな組織は全体的にそんな思考になってるので、その組織の中にいるとすぐにまた戻ってしまいます。

それならMDのコンサルする前に、経営のコンサルさせてくれ!が本音です。笑

まだまだ多いです。
特に物販して居る人は。
そんな事ないって思っていながらも「物」ばっかにフォーカスしてませんか?

なんかうまいこといってない。なんて人は「もの」を見直す前に「お客さん」を
もう一度ちゃんと見ることをお勧めします。