「キャリアの保険」無料セミナー@ZOOM
” Make your career choices”
あなたのキャリアをデジタルで拡張せよ

 

非常事態宣言が発令され自主期間もはや2ヶ月。
多くの人たちが自宅待機を命じられ、過去に体験した事がない「おうち時間」を過ごす事になりましたよね。

約2ヶ月間の自宅待機を命じられた販売員に話を色々と聞いていると「実は今まで自分で考えて動いていたつもりが業務がなくなった途端に何をすればいいのかわからない。」「自分で課題を探し作るのが難しい。」会社から特別な指示もなく、この「お家時間」を有効に活用きなかった人が多かった。

今のあなたが働く職場の話の半歩先は今の職場の上司が教えてくれるけど、今のこの状況の答えなんて誰も持ってないし、この状況はだれも教えてくれない事がわかったと思います。

この2ヶ月は「家に押し込められた時に自分の事を考えられるか?」そんな今までにない期間。
しかも文明が発達していて、家に閉じこもっていても時間を消費できる環境。
これって今までの経験で誰も他に類似で当てはまる事がない状況です。

自分自身で何かの気づきがなければ勿体無い2ヶ月。
だって、誰も何もしてくれない、誰も答え持ってない。が現実。

でもこれをポジティブに考えられるか、それとも自分のキャリアにずっと不安を抱えていくか。
どっちを選んだかで今後の人生が大きく変わってるくると思います。

 

不安からの解放は、自分自身が半歩ずつ進んでいるかどうかしかない。

この2ヶ月間久しぶりによく休めたでもいい。
でもこの自粛開けた時にどうするかをちゃんとイメージできていますか?

もしこの2ヶ月間を振り返って「何をしていたら、良かったんだろう」て思っているなら、これは人生の話しでも同じで、やっていなかった事はずっと出来ないままです。

僕自身も何が正解がわからない1人ですが、この2ヶ月にそれでも新しいチャレンジを繰り返してきました。
やった事もないオンラインでのセミナーをいきなり2週間連続で開催したり。
その他にもwebメディアの連載を受けて見たり、出版の依頼を受けてみたり。

これが、この先の未来にどう繋がるかはまだ分からない事が大部分ですが、でもこの自粛が開けた時にこの答え合わせができると思って行動しています。

今、これを読んでくれているあなたの会社でのキャリアが、こんなに危うく脆いって今回分かったと思います。
キャリアは自分自身の人生で設計しないとダメだって。

今の答えで1つ言えるのは、今後また同じ状況が来た時に自分が今のような行動でなく自分自身の行動でリスクヘッジをできている自分のイメージを作れたどうかだと思う。

僕はこの自粛入ってから普段より倍忙しくなりました。
普段なら時間とって話すのが難しいと思われる人達と話す機会も増えインプット量も格段に増えた。

なので、皆んなにこのインプットを僕なりに解釈した事を話す勉強会を開催したいと思います。

「キャリアの保険  ” Make your career choices”」
あなたのキャリアをデジタルで拡張せよ
5/25 22:00- @ZOOMオンラインで開催します。