Google翻訳が教えくれない「content / コンテンツ」の意味。

こんにちは、ヨツモトです。

今からあなたが取り組むWeb Marketingで一番最初に
ちょっとイメージしてほしい事があります。

あなたの接客で、お客さんの問題を解決できる「あなたの強み」
「あなたの接客の特徴」は何ですか?

イメージは出来ましたか?
そして次に、いったいお客さんは問題を解決して
どうなりたいのか?

これも、イメージできましたか?

じゃ、そのイメージの内容を「言葉」で書き出してみてください。

例えば、「モテたい」「若々しくありたい」「いつもでも綺麗」
などお客さんがあなたの接客によっておこる「変化」を
どんどん箇条書きでいいので書き出しましょう。

その「言葉」がWebであなたとお客さんをつなぐ、

「キーワード」となります。

まだまだ苦手意識が抜けないアナログアパレル業界

アパレルの世界は意外とアナログ文化が根強く残っており
Marketingの前に、まず「Web」に拒否反応をおこしてしまう
人達がとても多いのが事実です。

ですが、実はあなたが今までお客さんに接客をする中で
自然と考えていたり、やってきていたコトと重なるコトが
とても多いんです。

基本的には「Web上のマーケティング」であろうと
「お客さんの問題を解決する」コトができれば集客は
出来るのです。

ただ、その集客をする際に単に「口頭」で一人一人の
お客さんに伝えるのではなく、Web上で多くのお客さんに
「知ってもらう」スキルを加えていく必要があるだけです。

そして、あなたが「売上」を上げていく為に今から新たに
必要なコトは

継続して新規集客できるwebコンテンツの作成です。

お客様とあなたを結びつけるWeb上の接客

その為に具体的に作成しなければいけないコンテンツは


あなたが集客したいお客さんが今まさに抱えている「悩み」に対して、「的確な答え」を返しているコンテンツ。


あなたが集客したいお客さんが抱えると思われる「悩み」や
「質問」を網羅的に取り上げ、「先回り」して答えを返している
コンテンツ。


他のサイトと同じ情報を取り扱っていても、どこよりも
素早く答えがわかるコンテンツ。


他のサイトと同じ情報を扱っていても、どこよりも見やすい、
わかりやすいコンテンツ。


他のコンテンツと同じ情報を扱っていても、どこよりも
信頼できるコンテンツ。


どこよりも情報が新しいコンテンツ。
これらのコンテンツを作成する必要があります。

あなたが集客したいお客さんにとって利便性の高い
コンテンツです。
例えば、あなたの強みのキーワードを検索してみてください。

その際にそのキーワードで上位表示されるコンテンツを見ると、
先ほどあげた条件に合致しているはずです。

そうしたコンテンツこそが、あなたが集客したいお客さんが
「何故、検索するのか?」という「検索意図」にあった
コンテンツだというコトがわかります。

つまり、あなたが集客したいお客さんが満足するコンテンツは、
集客したいお客さんの検索意図にあったコンテンツだというコト
です。

 

あなたにしか出来ない事。あなた以外にも出来る事。

このコンテンツを作成するのがweb集客をするカギとなります。

ただしこの知識を新たに手に入れたあなたが、このweb集客を行う為に欠けているモノがあります。

それは「web上での実務的スキル」です。

例えばコンテンツ作成の考え方は理解できましたが、
実際にこのようなサイトをどのようにして構築すればいいのか?
何を使ってすればいいのか?

ここがわかっていないとコンテンツを考える事ができても、
形にする事コトが出来ずに集客もできません。

ここから先のweb上でおこなわれる実務ついては3つの方法があります。

1、外注に任せる。
2、社内に実務が出来る人間に任せる。
3、これを機会にあなたが最低限の実務ができる知識を身に着ける。

もし、あなたに資金的に大きな余裕があるならば1をお勧めします。
専門のプロに支持する事ができれば時間の短縮にもなりますし、
クオリティも高いモノができます。

2にする場合は、どこまでのコトがプロ並みにできるか?を
見極めないといけません。
少しぐらい知識がある程度の人間に丸投げしてしまうのは一番危険です。

3はもし2にする場合でも必要なコトです。
最低限の実務の知識を持っていれば、指示も的確になり成果もださせやすい。

それになんと言っても自分の会社や店のコトを一番理解して
愛しているならば、あなたが最低限今一番必要な知識の1つと
して最低限のコトは理解しておくコトが必要と思います。

今はあなたにとって苦手なコトかもしれませんが、
何でも最初は「分からない」コトが当たり前です。

それは苦手などではなく、情報が足りていないだけです。

あなたが、その気になればその短所はすぐにでも解決できますよ。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone